, コンテンツにスキップする

イスラエルもコロナ変異株の壁に直面、国民の3割がワクチン接種でも

イスラエルは国民の3割余りに対しワクチン接種を済ませるなど、新型コロナウイルス感染症(COVID19)との闘いで世界をリードしている。それでも、より感染力の強い変異株の出現で同国の医療体制は逼迫(ひっぱく)している。

  イスラエルは60歳以上の高齢者の82%に対しワクチン接種を済ませ、1カ月近いロックダウン(都市封鎖)を実施したほか、今週には空港の一時閉鎖も発表した。だが同国の状況は、コロナ収束がまだまだ先になる可能性を示唆している。ネタニヤフ首相は世界経済フォーラム(WEF)で今週、予防接種により速やかな経済再開を果たす国の先例になりたいとの考えを示していた。

  イスラエルのエーデルシュタイン保健相は28日の記者会見で、「感染の波が一向に衰えておらず、これは変異株が影響しているとみられる」と語った。

  イスラエル公衆衛生当局の責任者、シャロン・アルロイプライス氏によると、同国でコロナワクチンの接種を一通り済ませた人が入院患者に占める割合は2%以下。未接種の人よりも「守られているのは間違いない」と語った。一方、接種を一通り終えた人のサンプル数はワクチンの有効性について結論を出すのに十分でないと、コロナウイルス専門家チーム責任者のラン・バリサー氏はYnetテレビで話した。

  ワクチン接種やロックダウン措置の実施にもかかわらず感染封じ込めに至っていない背景には、従来株より感染力が強く、病原性も高い可能性が指摘される英国型変異株の存在があると、同国保健省の当局者らは話す。

  イスラエルでは感染率が今月初めの10.2%から9%強に低下し、重症・最重症患者数は1100人近辺で横ばいとなっている。一方で、人工呼吸器を使用する患者の数は過去最多を記録したと当局者は指摘した。

原題:
World’s Most Vaccinated Nation Struggles With Virus Variants (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE