, コンテンツにスキップする

東京で868人コロナ感染確認、「変化顕著に出てない」と都知事

更新日時
  • 今のような状況なら対策の強化も選択肢としてあり得る-都知事
  • 1都3県知事が共同宣言、緊急事態宣言延長なら休業要請の検討も

東京都は29日、新たに868人(前日1064人)の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。重症者は147人(同150人)。

東京都のコロナ感染状況

出所:東京都

  小池百合子都知事は午後2時からの記者会見で、緊急事態宣言の再発令から3週間が経過した都内の感染状況について、「まだ変化は顕著に出ているわけではない」と説明。緊急事態宣言の延長は今後の推移によるとしながらも、「今のような状況なら対策の強化も選択肢としてあり得る」と語った。

  首都圏1都3県の知事はテレビ会議で、2月7日に期限を迎える緊急事態宣言が延長された場合、「休業要請など施設の使用制限のあり方を含めたより強い措置を検討せざるを得ない」との認識で一致。政府に必要な財政措置を求めることなどを共同宣言に盛り込んだ。 

  西村康稔経済再生担当相は記者会見で、来週の適切なタイミングで専門家による諮問委員会を開き、宣言の延長など「今後の対応を判断していきたい」と述べた。

関連記事
(3段落目に1都3県知事会議の内容を追加して更新しました)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE