, コンテンツにスキップする

STマイクロが最大20億ドル投資へ、半導体供給危機に対応-株価上昇

  • 前例のない市場状況に直面している-シェリーCEO
  • 今年の設備投資計画はアナリスト予想、昨年実績を上回る

欧州の半導体メーカー、STマイクロエレクトロニクスは28日、生産能力増強に向け投資を拡大する計画を明らかにした。

  新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)と地政学的緊張の高まりがサプライチェーンに打撃となる中、半導体業界はスマートフォンや自動車に搭載される先進機能向けに十分な製品を供給する上で対応に追われている。ジャン・マーク・シェリー最高経営責任者(CEO)は「われわれは前例のない市場の状況に直面している」と語った。

  STマイクロは今年、18億-20億ドル(約1880億-2090億円)の投資を計画しており、そのほとんどを生産能力拡大に回す。ブルームバーグがまとめたアナリスト調査では14億7000万ドルが見込まれていた。昨年の設備投資は12億8000万ドル。シェリーCEOはシンガポール、フランス、イタリアの施設で生産能力の向上を図ると述べた上で、詳細の説明は控えた。

市場の反応

  28日の欧州市場で同社株は上昇。1-3月(第1四半期)の見通しが市場予想を上回った。

  • バークレイズのアナリスト、アンドルー・ガーディナー氏(投資判断「オーバーウエート」):
    • 昨年10-12月(第4四半期)の「力強い」決算は明るい材料だとし、1-3月の見通しや設備投資の拡大をリポートで強調
  • シティグループのアナリスト、アミット・ハルチャンダニ氏:
    • STマイクロは「こともなく」市場のコンセンサスを上回る売上高見通しを示しており、需要拡大と同四半期の営業日数の多さが寄与する可能性が高いとリポートで分析

原題:STMicro to Invest $2 Billion to Deal With Chip Supply Crisis (1)、STMicro Bucks Chip Stock Declines After 1Q Outlook Beats (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE