, コンテンツにスキップする

アメックス、9月のレーバーデーまで在宅勤務継続可能と従業員に通知

  • 従業員を急いでオフィスに復帰させることはない-CEO
  • 配慮が実感でき、オフィス復帰のプレッシャーを感じないことが重要

米クレジットカード会社アメリカン・エキスプレス(アメックス)は従業員に対し、本社があるニューヨーク市の新型コロナワクチン配布の進展が鈍い中、9月のレーバーデーの祝日まで在宅勤務の継続が可能だと社内文書で通知した。全世界の従業員が対象となる。

  スティーブ・スクエリ最高経営責任者(CEO)はブルームバーグが28日に開催したイベントで、インフルエンザ予防接種の場合と同様に従業員向けワクチン配布で同社はNY市当局に進んで協力する意向だと述べた上で、そうした要請は受けていないと説明した。「従業員を急いでオフィスに復帰させることはない」とも語った。

  レーバーデーまで在宅勤務を延長することで、ワクチン配布のペースをモニターできるとスクエリCEOは今週の従業員向け文書で指摘。同社は今後の勤務態勢について検討を続けており、「最優先されるのは誰もが健康への配慮を実感でき、オフィス復帰のプレッシャーを感じないことだ」と説明した。

原題:AmEx Tells Employees They Can Work From Home Through Labor Day(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE