, コンテンツにスキップする

村田製の今期営業益、最高の2900億円に-スマホやPC向け拡大

更新日時
  • 10-12月期のMLCC工場稼働率95%前後に上昇、この先調整局面も
  • PCや自動車向けでコンデンサー、スマホ向けでモジュール受注拡大

村田製作所は29日、今期(2021年3月期)の営業利益を従来予想比16%増(前期比15%増)の2900億円に上方修正した。スマートフォンやパソコン、自動車向け需要の拡大が寄与する。通期ベースでの過去最高益を更新する見込み。

Media Tour of Murata Manufacturing Co.'s R&D Hub

村田製作所

  営業利益予想の上方修正は昨年10月に次いで2度目。ブルームバーグが集計した市場予想2709億円を上回る。

  発表によると、製品供給先のスマホやPC、自動車メーカーで部品需要が前回予想を大きく上回り、営業利益を押し上げる。昨年10-12月期の受注高は主力の積層セラミックコンデンサー(MLCC)などコンデンサーがPCや自動車向けで大きく伸びたほか、モジュールもスマホ向けなどで拡大した。

  竹村善人常務執行役員は決算会見で、10-12月期のMLCC工場の稼働率は95%前後だったと明らかにしたが、この先は調整局面もあるとみている。また、半導体の不足により自動車生産が調整されていることが同社に与える影響は「限定的なものになるだろう」と述べた。

今期の業績予想
  • 売上高1兆5700億円(従来予想1兆4900億円、市場予想1兆5400億円)
  • 営業利益2900億円(従来予想2500億円、市場予想2709億円)
  • 純利益2160億円(従来予想1890億円、市場予想2037億円)

  村田製はスマートフォンや自動車に搭載されるMLCCで世界シェアトップ。スマホの高機能化や第5世代通信規格(5G)関連需要を受け、モジュール事業にも注力している。ブルームバーグのデータによると米アップルや韓国サムスン電子、台湾の鴻海精密工業など幅広い顧客を持つ。

10ー12月期の業績
  • 売上高4687億円、前年同期比14%増-市場予想4265億円
  • 営業利益1084億円、36%増-市場予想828億円
  • 純利益765億円、36%増-市場予想619億円
関連記事
(決算会見について追加します。10-12月期の営業利益の市場予想額を訂正済みです)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE