, コンテンツにスキップする

米共和党、Qアノン支持の新人議員を下院教育委員に-ペロシ議長抗議

ペロシ米下院議長(民主、カリフォルニア州)は28日、下院教育労働委員会からマージョリー・テイラー・グリーン議員(共和、ジョージア州)を外すよう、共和党指導部に抗議した。同議員は「Qアノン」などの極右勢力が拡散する陰謀論を支持し、2012年にコネティカット州ニュータウンのサンディフック小学校で起きた学校銃乱射事件をねつ造だと発言している。

  共和党指導部は「いったい何を考えているのか」とペロシ議長。「あきれてものが言えない」と非難した。

Trump Fractures GOP With No-Holds-Barred Bid To Subvert Vote

マージョリー・テイラー・グリーン下院議員

撮影: Stefani Reynolds/Bloomberg

  グリーン議員は事務所を通じ、これまでの自分のコメントはメディアによって歪められたとの声明を発表した。

原題:Pelosi Objects to Taylor Greene Being on Education Committee (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE