, コンテンツにスキップする

ノババックスのコロナワクチン、南アで有効性劣る-英試験との比較で

  • 英国の最終段階試験では有効性89.3%-主要評価項目を達成
  • 変異種が広がっている南アの試験では有効性60%

ノババックスが開発した新型コロナウイルス感染症(COVID19)ワクチンは、英国と南アフリカ共和国で実施された大規模な臨床試験で有効性が示されたが、変異種が広がっている南アでは有効性がより低い可能性があることも分かった。

  既に複数の国で使用許可されているファイザーモデルナアストラゼネカの製品に続き、ノババックスのワクチンも近く実用化される公算が大きいことを示唆する結果となった。ただ、南ア試験の結果はワクチン効果が次第に薄れていくようなウイルス変異が始まっている可能性も示唆している。

  28日の米株式市場の時間外取引でノババックスの株価は一時20%余り急伸。発表直後には下げる場面もあった。

  ノババックスの発表資料によると、英国で1万5000人余りを対象に実施した最終段階の試験では有効性89.3%となり、主要評価項目が達成された。

  一方、4400人余りが対象の南アの試験では有効性60%だった。これはHIV陰性の人が対象で、HIV陽性の人を含めた全体の有効性は49.4%だった。南アでは「B.1.351」と呼ばれる変異種の感染が広がっている。

原題:Novavax Soars After Upbeat Results From Covid Vaccine Trial (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE