, コンテンツにスキップする

【新型コロナ】メキシコ死者数、世界3位に-南ア変異株、米で初確認

更新日時
  • ブラジル大統領、新型コロナの問題は「一生続く」
  • バイデン氏、オバマケア医療保険「マーケットプレイス」で大統領令

新型コロナウイルス感染症(COVID19)による累計の死者数でメキシコがインドを抜いて、米国、ブラジルに次ぐ世界3位となった。

  南アフリカ共和国で確認された新型コロナ変異株が米国内で初めて見つかった。サウスカロライナ州で2人の感染者が報告された。2人の間に関係はなく、共に渡航歴はなかった。

  ブラジルのボルソナロ大統領は社会的距離措置を否定するとともに、国民は新型コロナとの共存の仕方を学ぶことが必要だとし、「この新型コロナの問題は一生続くだろう」と語った。

  米ノババックスが開発したワクチンは、英国と南アフリカで実施された大規模臨床試験で有効性が示されたが、変異株が広がっている南アでは有効性がより低い可能性があることも分かった。

ノババックスのコロナワクチン、南アで有効性劣る-英試験との比較で

  欧州連合(EU)は新型コロナワクチンの輸出に関するルールを厳格化する構えだ。世界的なワクチン獲得競争激化につながる恐れがある。

  ドイツは、英アストラゼネカの新型コロナワクチンの高齢者に対する有効性に疑問を呈した。同国の予防接種常設委員会(STIKO)はアストラ製ワクチンについて、接種対象年齢を18歳から64歳に限定して使用を認めるよう勧告した。

ドイツ、アストラゼネカ製ワクチンの推奨対象から高齢者を除外

  バイデン米大統領は医療保険制度改革法(オバマケア)で設立された医療保険を購入できる取引所「マーケットプレイス」の特別加入期間を設定する大統領令に署名した。失業した医療保険未加入者に加入への道を開く。

  米ジョンズ・ホプキンズ大学とブルームバーグの集計データによると、世界の感染者数は1億140万人を超え、死者数は210万人を上回った。

  ブラジル南部在住の研究者によれば、新型コロナ変異株2種に同時に感染した患者2人が見つかった。ロイター通信が報じた。

  ニューヨーク市のデブラシオ市長は、同市のワクチン供給不足は少しずつ解消され始めていると述べた。ニューヨーク州のレティシア・ジェームズ司法長官は、州内の介護施設でのCOVID19による死者が公式統計の8700人強の2倍だった可能性があるとの見解を示した。

  世界保健機関(WHO)は、南アフリカで最初に確認された新型コロナ変異株がアフリカ全域で広がっており、感染者と死者の記録的増加を引き起こしていると指摘した。

南ア変異株、アフリカ大陸でコロナ感染急増を招いている-WHO

  アイルランド当局者は、同国のデータでは英国で見つかった変異株の死亡率が他よりも高いことが示されていないと述べた。

  ポルトガルは向こう15日間、海外渡航を原則制限する。同国では新規感染者が過去最多となった。

  イタリアの新規感染者は1万4372人と、前日の1万5204人から減少した。

原題:Mexico Deaths Top India; S. Africa Strain in U.S.: Virus UpdateAfrica Variant in U.S.; Biden Reopens Obamacare: Virus UpdateAfrica Variant in U.S.; NYC Vaccine Shortage Eases: Virus Update(抜粋)

(メキシコの死者数などを追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE