, コンテンツにスキップする

ソフトバンクG、フロリダ州マイアミ地域の企業に1億ドル投資へ

ソフトバンクグループは米フロリダ州マイアミ地域の企業に1億ドル(約104億円)出資すると表明した。同地域はここ数カ月、テクノロジー業界への積極的な誘致活動を進めてきた。

  ソフトバンクGのマルセロ・クラウレ最高執行責任者(COO)は今回の資金について、マイアミを拠点とする企業や同地域に移転する企業に投じられると述べた。クラウレ氏は28日、スアレス・マイアミ市長と共にオンラインのビデオを通じて出資を発表した。

  調査会社ピッチブックによると、マイアミ地域では昨年にスタートアップ企業へのベンチャー投資資金を総額10億6000万ドル集めた。これは、全米のスタートアップ企業に投じられた1560億ドルのほんの一部にとどまる。全体の3割強はサンフランシスコ地域向けだった。

原題:SoftBank to Invest $100 Million in Miami Companies (Correct)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE