, コンテンツにスキップする

タイ・ビバレッジ、ビール部門のシンガポールIPO近く申請-関係者

  • 来週にも申請の計画-早ければ第2四半期に上場
  • ビール醸造部門巡り約100億ドルとの評価目指す方針

タイのラガービール「チャーン」などを展開する飲料メーカー、タイ・ビバレッジはシンガポール取引所へのビール醸造部門の上場を来週にも申請する計画だ。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。シンガポールでの新規株式公開(IPO)としては2011年以来の規模となる可能性がある。

  非公開情報だとして匿名を条件に話した関係者によると、タイ・ビバレッジはビール部門の価値について約100億ドル(約1兆400億円)との評価を目指す方針。第2四半期にも上場が実現するだろうと関係者の1人が話した。

  ブルームバーグ・ニュースが19年にビール部門の上場計画を報じた後、タイ・ビバレッジは同部門のIPOを検討していることを確認していた。

タイ・ビバレッジが醸造事業のIPO検討、100億ドル評価も-関係者

  関係者によると、規模や時期などビール部門のIPOに関する協議は今後変わる可能性がある。タイ・ビバレッジの担当者にコメントを求めたが、今のところ返答はない。

原題:ThaiBev Said to Near Singapore IPO Filing for $10 Billion Unit(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE