, コンテンツにスキップする

ヘッジファンドのメープルレーン、今月約33%の損失-ショート裏目に

  • 昨年9月末時点でアメリカン航空とゲームストップのプット保有
  • 最近ポートフォリオを大幅見直し、証拠金の問題なし-投資家

株式ヘッジファンドの米メープルレーン・キャピタルは今月、26日までの時点で約33%の損失を出したことが複数の投資家の話で分かった。ゲームストップ株のショートポジションが裏目に出たことも一因。

  投資家の1人が部外秘情報だとして匿名を条件に語ったところによると、運用資産35億ドル(約3650億円)のメープルレーンはここ数週間、ポートフォリオを大幅に見直し、リスクを調整した。こうした見直しはさらなる損失への備えに役立っており、流動性や証拠金の問題はないという。

  同社はコメントを控えた。

  当局への最新の届け出によれば、メープルレーンは昨年7-9月(第3四半期)末時点で、アメリカン航空グループとゲームストップ 、アイロボットナショナル・ビバレッジを含む複数の企業の株価下落を見込んだプット(売る権利)を保有していた。

参考記事
コーエン氏ポイント72、年初来10-15%の損失-ファンドの苦境広がる
空売り筋にリテール軍団が総攻撃-際立つ「レディット」効果

原題:
Hedge Fund Maplelane Loses About 33% on Short Bets This Month(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE