, コンテンツにスキップする

五輪組織委がIOCのバッハ会長らと2月に4者会談開催で合意

  • 「お互いにここまでやってきたことを確認する」と森氏
  • 無観客開催は「基本的にやりたくない」がシミュレーションはする

東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長は28日、2月に組織委と橋本聖子五輪相、小池百合子東京都知事、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長とで、大会開催に向けて4者会談を開くことで合意したと明らかにした。

  同日夕のバッハ会長とのテレビ会議後の記者会見で述べた。森氏は4者会談について「2月のしかるべき時」に開催するとし、「お互いにここまでやってきたことを確認し合ってこれから何をやろうかということを相談する」と話した。

  森氏は新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ、観客の受け入れ態勢について「今は言う必要はない。われわれはいろいろな勉強をしておけばいい」と発言。無観客での開催の可能性については「基本的にはしたくないがそれも考えないとシミュレーションにならない」と述べた。

トライアスロン会場となるお台場海浜公園

Photographer: Toru Hanai/Bloomberg

  新型コロナは感染力の強い変異株も確認され、世界的な感染拡大が続いている。国内外で年明けから大会の中止や再延期を求める声も上がる中、各国で続く出入国制限解除の見通しも立たないなど観客動員を伴う大会開催の条件も整っていない。

  バッハ会長は27日のIOC理事会後の会見で、世界各地のスポーツイベントでの感染対策の効果に「自信をさらに深めつつある」とし、7月の東京大会開催に「完全に集中しコミット」していると発言。観客動員の有無に言及するのは時期尚早だとした上で、計画策定に向け複数の団体と協力していると説明していた。

関連記事

 

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE