, コンテンツにスキップする

「ルイ・ヴィトン」のLVMH、売り上げ好調-ロックダウン乗り切る

  • 昨年10-12月のファッション・皮革製品部門の売上高は18%増
  • 日本の売上高は5%増加-日本を除くアジアは21%増収

フランスの高級ブランド、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトンは、 「ルイ・ヴィトン」ブランドのバッグの根強い人気のため、新型コロナウイルス感染拡大に伴う新たなロックダウン(都市封鎖)を乗り切ることができた。

  26日の発表によると、2020年10-12月(第4四半期)のファッション・皮革製品部門の売上高は実質ベースで前年同期比18%増加。アナリスト予想は11%増だった。

  海外旅行が事実上不可能なため国内で買い物している中国人消費者の需要が、コロナ禍の影響打ち消しに寄与した。日本を除くアジアと日本の売上高はそれぞれ21%、5%増加。一方、欧州では4分の1近く減少した。

  全体の売上高は143億ユーロ(約1兆8000億円)。実質ベースで3%減となったが、過去3四半期から改善し、着実に回復しつつあることを示した。

  通期の継続事業ベースの利益は83億ユーロ。アナリスト予想は72億ユーロだった。

原題:
Louis Vuitton Sales Surge Helps LVMH Weather Covid Lockdowns (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE