, コンテンツにスキップする

レーヒー上院議員、病院で検査後に帰宅-トランプ氏弾劾裁判の裁判長

トランプ前米大統領の弾劾裁判の裁判長を務めるレーヒー上院議員(民主)は26日夜、体調を崩して首都ワシントンの病院で検査を受けた後、帰宅した。同議員は、大統領継承順位が副大統領、下院議長に続く3位の上院仮議長の地位にある。

  スポークスマンのデービッド・カール氏が発表資料で明らかにしたところによれば、レーヒー氏(80)は議会内のオフィスで気分が悪くなったため、医師の勧めに従いジョージ・ワシントン大学病院で検査を受けた。精密検査を受け、検査結果が出た後に自宅に戻り、「執務復帰を待ち望んでいる」という。

原題:Democrat Floats Censuring Trump in Senate: Impeachment Update(抜粋)

Leahy Discharged From Hospital, Spokesperson Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE