, コンテンツにスキップする
KCNA via KNS
cojp

北のハッカー、企業の脆弱性の情報収集か-研究者に接触とグーグル

People celebrate the 75th anniversary of the ruling Workers’ Party during a parade at the Kim Il Sung Square in Pyongyang, Oct. 10. KCNA via KNS
KCNA via KNS

北朝鮮のハッカーが、企業ネットワークの脆弱(ぜいじゃく)性を探るサイバーセキュリティー研究者を標的として大規模な情報収集活動に乗り出している。米アルファベット傘下のグーグルが明らかにした。

  グーグルの脅威分析グループの25日のブログ投稿によれば、北朝鮮政府は研究者との接触を図るため、数カ月にわたり工作活動を仕掛けた。ハッカーらは研究者の信用を得るため、研究ブログやユーチューブ、リンクトイン、チャットグループを主に用いたという。

  グーグルのブログ投稿は「まずコミュニケーションを成立させた後、ハッカーはターゲットの研究者に一緒に脆弱性を研究しないかと持ち掛ける」と説明した。

原題:
North Korean Hackers Targeting Cybersecurity Researchers(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE