, コンテンツにスキップする

バイデン氏の気候変動対策、鉱区借用権の付与停止など発表へ-関係者

  • 郵政公社などに対し環境にやさしい車の購入を義務付ける可能性
  • 「アースデー」に気候サミットを開催し、各国首脳を招く見通し

バイデン米大統領は気候変動対策として新たな措置を命じる方針だ。連邦所有地で石油鉱区の新たな借用権を認めない措置に加え、科学を重視した政府の意思決定、気候問題を巡る首脳会合などを計画している。

  事情に詳しい複数の関係者が明らかにしたもので、こうした施策や命令の一部は27日にも発表される見込み。

  連邦所有の土地・水域で新たな掘削権売却を一時停止することで政権はエネルギー開発の是非やその方法を検証できる。またバイデン大統領は2030年までに米国土・海域の少なくとも30%を保護する目標を掲げる方針だと、関係者2人は語った。

  関係者3人によると、バイデン政権は郵政公社など連邦機関に対し環境にやさしい車や再生エネルギーの購入を義務付け、連邦政府の購買力を統括する大統領令も準備している。ただ発表時期は分からないという。バイデン氏は25日、連邦政府機関による米国製品の購入を増やす方針を説明した際に、こうした計画を示唆した。

バイデン氏が大統領令に署名、政府機関の米製品購入拡大で (1)

  バイデン氏はまた、「アースデー」(地球の日、4月22日)に気候サミットを開催し、各国首脳を招く見通しだ。関係者3人が明らかにした。関係者1人によると、この会合はオンライン形式になる可能性がある。

  ホワイトハウスにコメントを求めたが、回答は得られなかった。

原題:Latest Biden Climate Plan Include E-Trucks, Oil Lease Halt (1)
(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE