, コンテンツにスキップする

ファナック、今期営業益予想を1058億円に増額-中国や米州が回復

更新日時
  • FAや産業用ロボットがITやEV向けに拡大、営業利益率も上昇
  • 受注高は中国が2.7倍、米州が47%増-FA関連や自動車向け

ファナックは27日、今期(2021年3月期)の営業利益が従来予想比24%増(前期比20%増)の1058億円になる見通しだと発表した。上方修正は昨年10月に次ぎ今期2度目で、ブルームバーグが集計した市場予想869億円を上回る。中国市場の回復などで需要が増加する。

BlendTec Blender Facility Ahead Of Markit Manufacturing Figures

ファナックのロボット

Photographer: George Frey/Bloomberg

  発表によると工場の自動化(FA)関連設備のほか、産業用ロボットなどの各部門でITや電気自動車(EV)向けの需要が拡大しており、営業利益を押し上げる。10-12月期の同利益率は稼働率の高まりから前年同期の16%から23%に上昇した。

21年3月期の業績予想
  • 売上高予想5323億円(従来予想5025億円、市場予想5010億円)
  • 営業利益予想1058億円(従来予想854億円、市場予想869億円)
  • 純利益予想882億円(従来予想718億円、市場予想744億円)

  昨年10-12月期の受注高は前年同期比44%増の1705億円に拡大。中国市場でFA関連や一般産業向けを中心に前年同期比2.7倍の598億円と大幅に増えたほか、米州でも自動車向けなどの需要から47%増の414億円となった。

  山口賢治社長は決算会見で、中国市場について「春節を見越した発注が入っている」とし、今後も増勢を維持できるかには慎重な見方を示した。一方、米国市場では自動車関連でEV以外の引き合いもあるという。また抑制してきた研究開発費については成長のために必要とし、「どんどん使っていく」と述べた。

  ファナックはFA関連や産業用ロボットを手掛け、工作機械に組み込む数値制御(NC)装置では世界シェアトップを握る。ブルームバーグのデータによると韓国サムスン電子トヨタ自動車、台湾の鴻海精密工業など製造業に幅広い顧客を抱える。

10-12月期の業績
  • 売上高:前年同期比15%増の1448億円-市場予想1303億円
  • 営業利益:68%増の329億円-市場予想256億円
  • 純利益:67%増の272億円ー市場予想213億円

  日本工作機械工業会は21年の受注額を前年比33%増の1兆2000億円と予想している。

関連記事
(決算会見の内容などを追加しました)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE