, コンテンツにスキップする

民主党単独で来週にも米経済対策推進、共和党拒否なら-シューマー氏

  • 予算決議案の来週採決に備えるよう議員に通知-民主党上院院内総務
  • バイデン政権の経済対策案、超党派議員グループが代替案を協議

米民主党のシューマー上院院内総務は26日、新型コロナウイルス禍に対応するためバイデン大統領が提案した1兆9000億ドル(約197兆円)規模の経済対策を共和党が拒否し続ければ、民主党単独案を来週にも進め始める用意があると表明した。

  シューマー氏は「われわれの選択肢を残しておくため、来週にも予算決議案の採決を行う準備をするよう、きょうの幹部会の電話会議で上院議員に通知した」と記者会見で説明した。

バイデン次期米大統領、1.9兆ドルの経済対策案公表-来月第2弾

  予算決議は財政調整措置に向けた第一歩となる。上院で法案を可決するには、基本的に議事進行妨害(フィリバスター)阻止に必要な60票を確保する必要があるが、財政調整措置は単純過半数に基づいて審議を進めることを可能にする。上院の勢力が民主、共和とも50議席と均衡している現状では、財政調整措置が大きな意味を持つ。

  一方で、超党派の代替案の可能性がなくなったわけではない。ディーズ国家経済会議(NEC)委員長は、中道の超党派下院議員56人から成るグループ「プロブレムソルバーズ」との26日午後に電話会議を予定している。

  共和、民主の上院議員16人から成るグループも、バイデン政権の経済対策案への代替案について協議している。共和党のトッド・ヤング上院議員は、超党派の法案作成に向け同グループが向こう24-48時間以内に会合を開くと期待していると説明。的を絞ったものであれば、「短期間で」法案がまとまるだろうと述べた。同グループには上院民主党指導部のディック・ダービン議員も含まれる。

原題:
Schumer Eyes Advancing Democrat-Only Stimulus Effort Next Week(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE