, コンテンツにスキップする

滴滴出行、トラック輸送部門向けに15億ドルを近く調達へ-関係者

From

中国で配車サービスを展開する滴滴出行はオンデマンド・トラック輸送部門向けに、シンガポールの政府系投資会社テマセク・ホールディングスを含む複数の投資家からの計15億ドル(約1500億円)に上る資金調達を近く取りまとめる。中国経済回復に伴う輸送増加への投資家の期待を背景に調達額は目標を大きく上回る見込み。

  事情に詳しい関係者1人によれば、トラック輸送部門の滴滴貨運の初の資金調達ラウンドには馬雲(ジャック・マー)氏が率いる雲鋒基金とIDGキャピタル も参加する。不動産大手の碧桂園(カントリー・ガーデン・ホールディングス)やCITICの部門、ヒドゥン・ヒル・キャピタルも出資する。関係者は非公開のディールだとして匿名を条件に話した。調達総額は目標としていた約4億ドルの数倍に上る。

  滴滴出行の担当者の電子メールには、資金調達についてのコメントはない。

原題:
Didi Is Said Close to Raising $1.5 Billion for Trucking Unit(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE