, コンテンツにスキップする

ECB、米金融政策との違いが為替レートに与える影響調査へ-関係者

  • 米市場金利は最近上昇も、ドル高につながらず-ECB政策委で指摘
  • パンデミック以降ユーロ高続く、低インフレをさらに下押し

欧州中央銀行(ECB)の政策当局者らは、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が始まって以降のユーロ相場上昇をより深く分析することで合意した。米金融当局の政策との違いが為替レートを動かす要因になっているかに特に注目すると、事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  ECBの政策当局者らは、過去1年にわたるユーロ高がすでにマイナスのインフレ率にさらに下押し圧力をかけていると懸念。これが続けば、ECBは金融の安定に対するリスクが増していると認めつつ、一段の金融緩和を打ち出さざるを得なくなる可能性がある。

  関係者によると、ECB政策委員会が先週開いた会合では、過去数カ月に米市場金利は上昇したがドル高にはつながっていないとの指摘があった。この期間にドルは上昇したのではなく、下落した。

  関係者は非公表の情報だとして匿名で語った。ECBの広報担当者はコメントを控えた。

The euro's gain doesn't help ECB monetary policy

原題:
ECB Studying If Differences With Fed Policy Are Boosting Euro(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE