, コンテンツにスキップする

米上院の議会運営、マコネル氏と合意に近づく-民主党シューマー氏

  • 両党間で合意に至れば、上院での立法作業に道が開ける
  • マコネル氏は2001年に結ばれた協定に同意するだろう-シューマー氏

米民主党のシューマー上院院内総務は26日、与野党の議席数が同数となった上院の議会運営でマコネル共和党上院院内総務と合意に近づいていると述べた。両党間で合意に至れば、バイデン大統領の政策課題に着手する道が開かれる。

  共和党は今のところ、バイデン氏が優先課題とする政策の一部を阻止する力を持っている。しかしマコネル氏は、野党が実質的に議事進行を妨げられるフィリバスターを民主党が将来的に廃止しないとの確約は得ていない。

  シューマー氏は上院本会議場で、前回に上院が与野党50議席ずつだった2001年に結ばれた協定にマコネル氏が同意するだろうと述べた。同協定では、両党間で委員会の人数や予算を均等に配分することなどが定められた。

  民主党のマンチン、シネマ両上院議員がフィリバスター廃止に賛成票を投じない意向を示したの受け、マコネル氏は存続の確約を求める自身の主張を取り下げた。マコネル氏はこの日、「ルール変更に十分な票がないことは、基本的な算数で証明されている」と述べた。

原題:
Schumer Says He and McConnell Near Deal on Organizing Senate(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE