, コンテンツにスキップする

シタデルとポイント72、メルビン支援-ゲームストップ空売りで損失か

  • シタデルとポイント72がメルビン支援のため総額27億5000万ドル投資
  • ゲームストップなどへのショート戦略が失敗し損失を被ったと関係者

ケネス・グリフィン氏率いるヘッジファンド運営会社シタデルと、スティーブ・コーエン氏のポイント72アセット・マネジメントは、ゲイブ・プロトキン氏が設立したメルビン・キャピタルに総額27億5000万ドル(約2850億円)の支援を行った。

  今年約30%の損失を出したファンド運営会社メルビン・キャピタルに対し、シタデルのファンドとパートナーが20億ドル、ポイント72が7億5000万ドル投資したと各社が25日発表した。資金提供と引き換えに投資家側はメルビン・キャピタルのレベニューシェアを得る。

  事情に詳しい関係者1人によれば、2月1日に他の投資家からも10億ドルの追加資金が得られる可能性がある。

  メルビン・キャピタルは年初の運用資産額が約125億ドルだったが、事情に詳しい複数の関係者によると、ビデオゲーム販売の米ゲームストップなどへのショート戦略が失敗し、損失を被った。

  コーエン氏の下で10年近く働いたプロトキン氏が設立したメルビン・キャピタルは、2014年12月にスタートして以降、平均プラス30%の年間リターンを残しており、今年のようなつまずきはこれまでめったにない。

  ラッセル1000指数の年初来の上昇率2.9%に対し、最も空売りされている構成銘柄は約12%値上がりし、空売りの危険度が増している。

原題:Citadel, Point72 Back Melvin With $2.75 Billion After Losses (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE