, コンテンツにスキップする

ジュリアーニ氏を投票機メーカー提訴-虚偽の主張拡散し金貨売り込み

トランプ前米大統領の個人弁護士ルドルフ・ジュリアーニ氏を相手取り、投票機メーカーのドミニオン・ボーティング・システムズが名誉毀損(きそん)の訴訟をワシントンの連邦地裁に提起した。ジュリアーニ氏が大統領選は不正選挙だとの虚偽の主張を広めると同時に、金貨や葉巻、健康補助食品などを売り込んだとして、ドミニオンは13億ドル(約1350億円)の賠償を求めている。

  ドミニオンは25日の訴状で、「ジュリアーニ氏と協力者らがでっち上げた『大うそ』は想定通り、瞬く間に広がり、極めて多くの人がこれに欺かれ、ドミニオンが票を盗み選挙を操作したと信じ込む結果となった」と主張した。

  ジュリアーニ氏にコメントを求めてメッセージを残したが、返答はない。

  訴状では、ジュリアーニ氏は証拠の提示が求められる法廷では不正選挙への言及を控える一方で、ドミニオンについて虚偽の主張を公の場で展開。動画投稿サイトのユーチューブに開設している自身のチャンネルで昨年12月、金貨と銀貨を売り込んだと説明。ユーチューブでジュリアーニ氏は「私は2020年、真実を明るみに出すことで多くのことを成し遂げた」とした上で、不確実な時代に財産を守る上で頼れるものは「現物の金と銀だ」と述べていた。

  訴状はまた、「ジュリアーニ氏は視聴者に対し、『信頼できる企業』から金を購入することが重要だとし、その企業に『電話してルディ(ジュリアーニ氏)の紹介だ』と伝えるよう呼び掛けた」と説明。さらにジュリアーニ氏は、「今すぐ電話すれば、初回注文時に最大1500ドル分の銀が無料で提供される」とも語ったという。

  ドミニオンは今月、大統領選でのトランプ陣営の代理人を務めたシドニー・パウエル弁護士に対しても、名誉毀損で訴訟を提起している。

原題:Giuliani Accused in Suit of Using Election Lie to Sell Coins (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE