, コンテンツにスキップする

世界の富裕層はコロナ危機脱却、格差是正の取り組みは記録的な後退

  • 最も裕福な1000人、既にコロナ禍の損失を取り戻す-オックスファム
  • 国際慈善団体オックスファム、各国政府に税制の公平化など強く要求

世界は過去最大の格差拡大を目の当たりにしており、最貧困層が今後何年も新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)の影響を受ける可能性が高い一方で、「メガリッチ」と呼ばれる超富裕層は既に立ち直っていると国際慈善団体オックスファムが25日にリポートで指摘した。

  コロナ禍で事業の閉鎖が広がり失業者が増加する中、リポートは世界的金融危機以来最も深刻な不況による資産効果を図解した。

Social Frictions

Economists fear inequality in their respective countries will rise

Source: Oxfam

  リポートは「パンデミックで貧困層は富裕層よりはるかに深刻な打撃を受けている。女性や黒人、アフリカ系、 先住民、歴史的に疎外され抑圧されてきたコミュニティーへの影響は特に深刻だった」とし、 「統計開始以来初めて、ほぼ全ての国で格差が拡大する可能性が高い」と予測した。

  オックスファムは税制の公平化や途上国債務の帳消しなど格差是正に向けたさらなる取り組みを各国政府に強く求めた。

  「不平等ウイルス」と題したリポートは、世界経済フォーラム(WEF)のバーチャル会議開催に合わせて公表された。同会議は通常、スイスのスキーリゾート、ダボスで開催され、平等や社会改革の必要性にリップサービスしかしない富裕層や著名人の社交の場と批判されてきた。

  リポートは「地球上で最も裕福な1000人はコロナ禍での損失をわずか9カ月以内に取り戻したが、世界の最貧困層が立ち直るには10年余りかかる恐れがある」と付け加えた。

Big Difference

Nurses are paid far less than business executives in many countries

Source: Oxfam, from World Bank

原題:
World’s Richest Shake Off Crisis in Record Setback to Inequality(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE