, コンテンツにスキップする
Photographer: David Paul Morris/Bloomberg
cojp

テクノロジー企業のM&Aブーム持続へ、経営者は夢のディール再検討

  • 20年の世界のテク分野M&A総額は約49兆円、ネット株バブル期以来
  • セールスフォースによるスラック買収などの大型案件が経営者を刺激
Pedestrians wearing protective masks walk past Slack Technologies Inc. headquarters in San Francisco, California, U.S., on Wednesday, Dec. 2, 2020. Salesforce.com Inc. agreed to buy Slack Technologies Inc. for $27.7 billion in cash and stock, giving the corporate software giant a popular workplace-communications platform in one of the biggest technology deals of the year.
Photographer: David Paul Morris/Bloomberg

企業の合併・買収(M&A)を仲介するディールメーカーらによれば、半導体やエンタープライズ・ソフトウエアなどの分野で大型取引が昨年発表され世界のテクノロジーM&Aが記録的な年となった後、テクノロジー業界の経営者らは夢のディールを思案しているという。

  ブルームバーグの集計データによると、テクノロジーやインターネット分野のM&Aの総額は2020年に世界全体で4700億ドル(約49兆円)に達し、00年のネット株バブル時に次ぐ規模となった。

  顧客管理(CRM)ソフトウエアの米セールスフォース・ドットコムが昨年12月に職場コミュニケーションツールを手掛けるスラック・テクノロジーズを250億ドルで買収すると発表し、ソフトウエア業界のディールでは昨年最大の案件となった。これに刺激されて他の企業が買収希望リストを再検討する可能性があるとアドバイザーらは指摘する。

  ゴールドマン・サックス・グループで世界のテクノロジー・メディア・通信担当共同責任者を務めるサム・ブリトン氏は「あのような規模ではないかもしれないが、夢のディールをつかもうとする人々による同様の幾つかの案件を目にすることになるだろう」と語った。

Tech's Big Run

Global M&A volume for tech and internet firms reached $470 billion in 2020

Source: Bloomberg

  潜在的な買い手企業は、買収側の株価を市場が支えるかどうか注視するだろう。 セールスフォースの株価はスラック買収発表以来約14%下落し、時価総額が320億ドル減少しており、警鐘となる可能性もある。

  ただ、さほど規模の大きくない取引を行った他の買い手企業の株価は堅調だ。アプリケーションソフトウエアのトゥイリオは昨年10月に顧客データインフラストラクチャーを手掛けるセグメントを32億ドルで買収すると発表。時価総額は40億ドル増加した。

  アドバイザーによると、時価総額が200億-1000億ドルの範囲にあるエンタープライズ・テクノロジー企業は、アドビやセールスフォースなどの企業を追い越そうと、企業買収を追求すると予想される。この層で次に大型買収が見込まれる企業にはトゥイリオやサービスナウ、スノーフレイク、ズーム・ビデオ・コミュニケーションズなどがあるとバンカーらは話す。

  一方、SAPやオラクルといった比較的成熟した企業は、IBMによる19年のレッドハット買収と同様、業態の変化をもたらすディールを模索する可能性があるという。

原題:
Why Dealmakers Expect Tech M&A to Keep Up Its Red-Hot Run(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE