, コンテンツにスキップする

見覚えない図表をトランプ氏が掲げる-当時のコロナ調整官が証言

  • 当時のホワイトハウスは偽情報であふれていた-バークス氏
  • 誰かが「並行」データを作成-CBSのインタビューで語る

トランプ前米政権で新型コロナウイルス対策調整官を務めたデボラ・バークス氏は、当時のホワイトハウスが偽情報であふれ、誰かによって「並行」して作成されたコロナ関連データをトランプ氏が提示していたことを明らかにした。

  バークス氏は24日に放映されたCBSの番組「フェイス・ザ・ネーション」のインタビューで、「私が作成したことがないグラフ(図表)を大統領が提示するのを見た。そこにいる誰か、あるいは内部の誰かがデータとグラフのセットを並行して作成し、大統領に見せていたことがそれで分かった」と語った。

  同氏は「私は自分が何を提出したか知っており、大統領の手にあったものがそれとは違うものだったことを知っている」と説明した。

President Trump Joins Coronavirus Task Force Briefing At White House

デボラ・バークス氏

  トランプ氏が昨年春、米国のコロナ対応について毎日記者会見していた際、バークス氏は大統領の近くにいることが多かった。当時の大統領の発言は原稿から頻繁に逸脱していた。トランプ氏が4月にコロナ対策として消毒液の使用を提案した時もバークス氏は会見室に同席していた。

トランプ大統領の「消毒液」発言の広がりに困惑-米コロナ対策調整官

  ホワイトハウス内にはコロナウイルスをでっち上げと信じていた人もいたため、科学に基づく提言を伝えることは難しかったとバークス氏は吐露。トランプ氏は3月には事態の深刻さを認識したものの、ホワイトハウスはバークス氏が提示したロックダウン(都市封鎖)に関する基準を採用せず、大統領選の数カ月前から制限措置の段階的な解除を始めた。

  バークス氏は「並行」データを取り入れたのがトランプ政権でコロナ対策タスクフォースのアドバイザーを務めていたスコット・アトラス氏だったと考えているが、他に誰が関わったのかは分からないとした。アトラス氏は社会的距離規制の緩和を提唱したことでトランプ氏に気に入られていた

原題:Birx Says Trump Presented Covid Charts She Never Made(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE