, コンテンツにスキップする

ブラジルで抗議デモ、大統領の退陣要求-コロナ対応への批判高まる

  • サンパウロやブラジリアなど複数の都市で行われた
  • ボルソナロ氏支持率は急落-最新世論調査で

ブラジルのボルソナロ大統領の退陣を求める抗議デモが週末に最大都市サンパウロやリオデジャネイロなど複数の都市で行われた。新型コロナウイルス感染による死者数の急増やワクチン配布の遅れを巡りボロソナロ政権への批判が高まってる。

  これらの都市では大統領の退陣を求める看板を掲げ、クラクションを鳴らしながら走行する車の列で大通りが渋滞となった。23日に左派政党や労働組合が組織した抗議活動、翌24日には保守派の団体が支持するデモが展開された。

President Bolsonaro Attends A New Housing Initiative Ceremony

ボルソナロ大統領

  抗議デモは近年起きたものより規模は小さいが、ボルソナロ大統領の政策に対する不満の高まりを示す。22日公表の2つの世論調査では大統領の支持率低下が示された。経済の回復ペースが鈍化している兆候もある。

  ブラジルでは新型コロナの累計感染者数が880万人余りに上り、死者数は21万6000人を記録した。

原題:Brazil Protests Call for Bolsonaro’s Ouster Amid Covid-19 Crisis(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE