, コンテンツにスキップする

【新型コロナ】香港、ファイザー製ワクチンの緊急使用を認める

更新日時
  • 香港にはドイツから第1弾の約100万回分が2月後半に届く見込み
  • 世界の新型コロナ感染者、累計で1億人に近づいている

香港政府は25日、米ファイザーとドイツのビオンテックが共同開発した新型コロナウイルス感染症(COVID19)ワクチンの緊急使用を認めたと発表した。

  香港政府の声明によれば、諮問委員会の意見を踏まえ、緊急使用に求められる安全性と効果、品質を満たしていると判断した。ドイツから第1弾の約100万回分が2月後半に香港に届く見込み。

  香港はまた、新型コロナ感染拡大の抑制に向けた検査を完了したことから、九竜地区の一部で週末に実施していた初めてのロックダウン(都市封鎖)を解除した。

香港、異例のロックダウン解除-対象地域7000人検査実施後

  世界の新型コロナ感染者が累計で1億人に近づいている。米感染者は2500万人を突破した。米疾病対策センター(CDC)の新所長に就任したロシェル・ワレンスキー氏は、ワクチンや治療法への新型コロナ変異種の影響を調べるため、変異種の調査・監視を強化する方針を示した。

  台湾当局は新型コロナ感染拡大の制御に向け、これまでで最も広範なロックダウンを導入した。

  英国は変異種流入を阻止するため、水際対策の強化を検討している。フランスでは過去24時間の新規感染者が1万8436人と、約1週間で最少となった。しかしこうした中でも同国は英国で拡大している変異種の感染拡大抑制を目指し、数日中に再びロックダウン(都市封鎖)を行う可能性がある。仏紙ジュルナル・デュ・ディマンシュ(JDD)が報じた。

  オーストラリア当局はファイザーとビオンテックの新型コロナワクチンを暫定承認した。2月後半の新型ワクチン接種実施に道が開けた。

  メキシコのロペスオブラドール大統領は新型コロナに感染したとツイッターで明らかにした。

メキシコ大統領、新型コロナに感染-症状軽いとツイート

covid-vaccine-tracker-global-distribution-world-vaccination-inline

  韓国では25日午前0時までの24時間の新規感染者が437人と8日連続で500人を下回ったものの、この1週間余りで最多となった。

  世界最速のペースで新型コロナワクチンの一般市民への接種を進めているイスラエルでは、接種が感染拡大を抑制し始めている。同国で2番目の規模の医療管理機構が明らかにした。

  米ジョンズ・ホプキンズ大学とブルームバーグの集計データによると、世界の感染者数は9920万人を超え、死者数は210万人を上回った。

原題:Hong Kong Authorizes Pfizer-BioNTech Vaccine for Emergency Use、U.K. Mulls Tighter Borders; Japan Cases Ease: Virus Update(抜粋)

(香港のファイザー・ビオンテック製ワクチン緊急使用認可を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE