, コンテンツにスキップする

尖閣諸島に安保条約適用、日米同盟強化を確認-防衛相が電話会談

更新日時
  • 日本の施政損なおうとするいかなる一方的行動に反対-尖閣
  • オースティン国防長官から早期に訪日したい旨の言及

岸信夫防衛相とバイデン米政権のオースティン国防長官は24日、初の電話会談を行い、米国による防衛義務を定めた日米安全保障条約第5条の沖縄県・尖閣諸島への適用などを確認し、日米同盟のさらなる強化に共に取り組むことで一致した。防衛省が概要を発表した。

  会談では、両国が尖閣諸島に対する日本の施政を損なおうとするいかなる一方的な行動にも反対することを改めて確認。日米同盟の抑止力・対処力の一層の強化に取り組むことで一致した。

Lloyd Austin Confirmation Hearing For Secretary Of Defense Before Senate Armed Services Committee

オースティン米国防長官

Photographer: Jim Lo Scalzo/EPA/Bloomberg

  北朝鮮による全ての大量破壊兵器と弾道ミサイル計画の完全で検証可能な、かつ不可逆的な廃棄に向けた連携も確認。洋上で荷物を積み替える「瀬取り」対策にも引き続き日米が有志国と連携して取り組む。

  両氏は、新型コロナウイルスの状況を踏まえつつ、可能な限り早期に対面での会談を行うことで合意。オースティン長官から早期に訪日したい旨の言及があったという。

Interview With Japan Vice Foreign Minister Nobuo Kishi, Younger Brother Of Prime Minister Shinzo Abe

岸信夫防衛相

Photographer: Akio Kon/Bloomberg

他のポイント

  • 在日米軍の即応性が重要であることを確認
  • 普天間飛行場の辺野古移設が、普天間の継続的な使用回避の唯一の解決策と再確認
  • 岸防衛相が沖縄はじめ地元の負担軽減に向けた協力を要請
(詳細を追加して更新しました)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE