, コンテンツにスキップする

【先週の新興国市場】株が最高値、バイデン大統領就任で景気対策期待

  • 新興国の株式は4週連続で上昇-通貨はほぼ変わらず
  • インドネシアとマレーシア、ブラジル、トルコが全て金利据え置き

新興国の株式は連日で最高値を更新し、4週連続で上昇。バイデン米政権による追加経済対策への楽観や、主要中央銀行が示したハト派的な見通しが支援材料となった。中国と韓国のデータでは、アジアの景気回復が勢いを増しつつあることが示唆された。ただ、米中関係緊張のリスクは残っている。22日は新型コロナウイルス対策のロックダウン措置が嫌気され、リスクテーク意欲が減退した。

  新興国の通貨はほぼ変わらず。一部の国の政策当局者はタカ派姿勢への転換を示唆したが、新型コロナを巡る懸念が高リスク資産の重しとなり、ドルが上昇した。

  1月22日終了週の主なニュースは以下の通り。

ハイライト:

  • バイデン米大統領は就任演説で「赤(共和党)と青(民主党)、地方と都市、保守とリベラルの間で繰り広げられる無意味な争いを終わらせなければならない」と語り、国民の結束を強く呼び掛けた。就任後は直ちにトランプ前政権下での移民や気候問題などに関する政策の巻き戻しに着手した
  • 次期米財務長官に指名されたジャネット・イエレン氏は、バイデン氏が新型コロナ禍に対応するため先に発表した1兆9000億ドル(約197兆円)規模の経済対策案を巡り、早期成立を議会に訴えるのに当たって低金利環境持続の見通しを強調した
  • 米政府は中国の華為技術(ファーウェイ)の一部サプライヤーに対し、同社に部材を販売する免許の取り消しを通知した。ロイター通信が伝えた。トランプ前政権は任期最終盤で中国に対する締め付けを強化した
  • 中国は米国との貿易合意で約束した輸入目標の達成に遠く及ばず2020年を終えた。新型コロナ禍やトランプ前政権との対立激化が影響した
  • 中国経済の成長率は昨年10-12月(第4四半期)に、新型コロナ感染拡大前の水準を上回った。コロナ感染の制御成功と財政・金融刺激策による不動産・インフラ投資の押し上げが背景。医療機器や在宅勤務用機器を中心に国外での需要も膨らんだ
資産別指数(ニューヨーク時間午後4時20分現在)週間
MSCI新興市場指数+2.6%
MSCI新興国通貨指数-0.2%
ブルームバーグ・バークレイズ新興市場の自国通貨建て指数 (21日まで)+0.3%

アジア:

  • インドネシア銀行(中央銀行)は2カ月連続で政策金利を据え置いた。昨年は新型コロナ禍を乗り切るため、計5回利下げしていた。ペリー・ワルジヨ総裁は、インフレ率が目標の2-4%のレンジ内にとどまり、今年の経済成長率は4.8-5.8%になるとの見通しを示した。緩和的なマクロプルーデンス政策を続けるとも話した
  • マレーシア中央銀行も政策金利の据え置きを発表。新型コロナ封じ込めに数カ月かかるとみられることから、金融緩和余地を残した
    • マレーシア政府は総額150億リンギット(約3850億円)規模の追加経済対策を発表。新型コロナ感染再拡大による経済への影響緩和を図る

EMEA:

  • トルコ中央銀行は政策金利据え置きを発表。2会合連続の利上げでインフレと闘う姿勢への信頼性を高めた後、一服した。金融政策の引き締め姿勢を「長期にわたり」維持すると表明した
  • 南アフリカ準備銀行(中央銀行)も政策金利の据え置きを決定。据え置きは3会合連続。利上げ開始の時期が従来想定していたよりも早まる可能性を示唆した
  • ロシアの裁判所はドイツから帰国直後に拘束された反体制派指導者アレクセイ・ナワリヌイ氏を30日間勾留すると決定した。即時釈放を求めた米国や欧州諸国を無視した格好だ

中南米:

  • ブラジル中央銀行は予見可能な将来にわたり政策金利を過去最低水準に維持するとした金融政策の先行き方針(フォワードガイダンス)を撤回。インフレ率を目標に近づけるため利上げに備えていることをあらためて示唆した。同時に、政策金利を過去最低の2%に据え置くことも決めた
  • ブラジル政府は全国的な新型コロナワクチン接種計画の開始時期を早めた。ボルソナロ大統領と対立するジョアン・ドリア氏が知事を務めるサンパウロ州で17日に他の地域に先駆けてワクチン接種が開始され、支持率低下にあえぐボルソナロ氏に計画の前倒しを促した
  • メキシコのロペスオブラドール大統領は市中銀行に滞留する外貨の買い入れを中央銀行に義務付ける法案を巡り、違法な薬物取引で得られたドル資金が中銀に流入しかねないと指摘する中銀の懸念を考慮すべきだとの考えを示した
今後のデータと経済リリース:
  • アジアはここをクリック
  • 東欧はここをクリック
  • 中南米はここをクリック

原題:Biden Inauguration Helps Push Stocks to Fresh Highs: EM Review(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE