, コンテンツにスキップする

【欧州市況】株下落、ロックダウン延長を警戒-イタリア債下落

22日の欧州株は下落。英国の新型コロナウイルス対策のロックダウン(都市封鎖)措置が長引く恐れがあることから、コロナ禍が長期にわたって経済に打撃を及ぼすとの懸念が広がった。旅行・娯楽株が安い。

  ストックス欧州600指数は0.6%安。シクリカル銘柄やバリュー銘柄が売り圧力にさらされた。この日はほぼ全てのセクターが下落。鉱業や銀行、エネルギー株が特に売られた。

  欧州債市場ではイタリア債が下落。少数与党のコンテ内閣を支える連立与党が多数派工作を仕掛けており、早期選挙が警戒された。ドイツ債は小幅高となった。

  イタリア10年債は週間ベースで4月以来の大幅安となった。

  英10年債利回りは2ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下して0.31%。

  ドイツ10年債利回りは2bp下げてマイナス0.51%。フランス10年債利回りは1bp下げてマイナス0.28%。イタリア10年債利回りは6bp上げて0.74%。

原題:European Stocks Decline on Concern Over Lockdown Extension Risks(抜粋)、Italian Bonds Slide on Fresh Election Risks; End-of-Day Curves(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE