, コンテンツにスキップする

米中古住宅販売、12月に予想外の増加-年間では06年以来の高水準

更新日時

全米不動産業者協会(NAR)が発表した2020年12月の中古住宅販売件数は、市場の予想に反して増加した。20年全体では06年以来の高水準となった。住宅ローンの歴史的な低金利が需要喚起に貢献した。

キーポイント
  • 中古住宅販売件数(季節調整済み、年率)は前月比0.7%増の676万戸
    • ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は656万戸
    • 前月は671万戸と速報値から上方修正
  • 中古住宅価格(季節調整前、中央値)は前年同月比12.9%上昇の30万9800ドル(約3220万円)
  • 中古住宅販売件数、2020年全体では564万戸(18年と19年はいずれも同534万戸)

インサイト

  • 新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)下で、低い借り入れコストと広さを求める住み替え需要が販売の回復を支えたことを、今回の販売増は示唆。住宅市場が21年初頭に勢いを増す様相を呈している
  • 一方で住宅在庫は過去最低水準にあり、提示価格が高騰、一部の買い手は購入を断念する状況となっている
  • NARのチーフエコノミスト、ローレンス・ユン氏:
    • 「住宅保有者は価格の上昇で笑顔を隠せない」
    • 「だが住宅資産を持たない購入希望者は落胆し、頭金を支払うために貯蓄に力を入れている」
    • 「現在の市場は健全ではない。人々は性急な決断を下しており、価格上昇ペースは所得の増加ペースを超えている」

詳細

  • 中古住宅の在庫は前年同月比23%減の107万戸
  • 販売に対する在庫比率は1.9カ月-過去最低水準
  • 販売に要する日数は21日
  • 販売は2地域で増加。北東部が4.5%増、南部が1.1%増
  • 統計表

原題:Surprise U.S. Existing-Home Sales Gain Caps Best Year Since 2006(抜粋)

(統計の詳細を追加します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE