, コンテンツにスキップする

クオンツヘッジファンドが人力に期待、中小企業向け投資会社に投資

  • ベインブリッジ、ファンダメンタル分析のアンドラに6000万ドル投資
  • ブレバンやブルークレストなどは好成績、クオンツファンドは苦戦

アルゴリズムを駆使して資産を運用するヘッジファンド会社ベインブリッジ・パートナーズ(運用資産9億ドル=約934億円)が、生身のトレーダーに期待をかけている。

  発表資料によると、ベインブリッジはファンダメンタル分析を用いて欧州の中小企業に投資するアンドラ・アセット・マネジメントに6000万ドルを投資する。ベインブリッジはまた、アンドラの株式も取得する。

  変動の激しかった昨年は、世界が危機的な状況の中で人間の投資家が底力を見せた。アンドラへの投資は小規模だが、ヘッジファンド業界の風潮が変化している可能性を示す新たな兆しかもしれない。

  自分たちの目で投資を判断するブレバン・ハワードやアンデュラン・キャピタル、ブルークレストは昨年、記録的なリターンを上げた。一方、クオンツのファンドとして有名なルネサンス・テクノロジーズやウィントン、トゥー・シグマなどは損失を被った。

原題:A Quant Hedge Fund Has Decided to Back Some Human Stock Pickers(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE