, コンテンツにスキップする

BofAが警鐘、米政策がウォール街の資産価格バブルを誘発している

  • テーパータントラムやボラティリティー高まる事態起こるリスク指摘
  • 1-3月の相場調整を予想-ストラテジストら

バンク・オブ・アメリカ(BofA)のストラテジストは、強力な米景気刺激策に誘発され株価を最高値に押し上げた米株式相場の「行き過ぎた上昇」により、資産価格のバブルが形成されていると警鐘を鳴らした。

  マイケル・ハートネット氏率いるストラテジストらは22日のリポートで、「米政府の政策バブルがウォール街の資産価格バブルを誘発している」と指摘。「金持ちであり続けたい人が金持ちになりたい人のように振る舞い始めるとき、それは末期の投機的なさく裂を示唆する」と記した。

  BofAの「ブル・ベア」指標は「売りシグナル」を示す水準に迫っており、ストラテジストらは第1四半期(1-3月)の相場調整とポジショニングのピーク到達を予想している。

  投資家がインフレに連動した取引を拡大する中、市場価格の急上昇が「メインストリート(一般社会)のインフレ」を押し上げ、テーパータントラムや金融状況の引き締まり、ボラティリティーが高まる事態が起こるリスクがあると、ストラテジストらは警告した。

Fed monetary policy has been supportive for risk assets

原題:
BofA Warns U.S. Policy Is Fueling a Bubble in Wall Street Prices(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE