, コンテンツにスキップする

ジョンソン首相、3度目の英ロックダウンは夏まで継続も-罰則を強化

  • 「間違いなく、この先数週間は厳しい状況になる」-ジョンソン首相
  • 個人宅パーティーへの参加者、警察が新たに800ポンドの罰金へ

新型コロナウイルスの感染拡大予防対策として英国が実施している3度目のロックダウン(都市封鎖)は長引く様相だ。政府は制限緩和を考え始めるのは時期尚早だとして警戒感を示している。

  英国では大規模な新型コロナワクチン接種計画が進行中で、これまで約500万人が接種したが、ジョンソン英首相とパテル内相は従来から繰り返してきた4月までには通常に戻れるとの見通しを示すことをやめた。

  今も制限ルールを無視する人が続出し、感染拡大を封じ込めることが一層困難になっているとの懸念から、政府は現在の制限措置の順守を強化する方針に転換した。

  パテル内相は、個人宅でパーティーが開かれた場合には参加者に警察が800ポンド(約11万3000円)の罰金を新たに科すと発表した。夏の旅行を予約していいだろうかとの質問に、現時点の助言は自宅にとどまるようにということだと内相は答え、「制限措置を解除できる時期について話す、もしくは推測することさえ今は全くもって時期尚早だ」と発言。「英国は今もコロナ禍にある」と続けた。

  これより先、ロックダウンを夏まで続ける必要があるかとの問いに対しジョンソン首相は、その可能性を排除せず、新型コロナ変異種は「極めて感染力が強く」、英国は「間違いなく、この先数週間は厳しい状況になる」と警告した。

原題:Johnson Signals Third U.K. Lockdown Could Last Into Summer (1)(抜粋)

  

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE