, コンテンツにスキップする

EU、金融サービスに関する英国との合意は先の話-担当相がくぎ刺す

欧州連合(EU)の欧州委員会のマクギネス委員(金融サービス担当)は英国に対し、金融業界を巡る合意がEUとの間に成立するとしてもなお先の話だとくぎを刺した。

  マクギネス委員は22日、ブルームバーグテレビジョンのインタビューに対し、EUは金融サービスに関する英国との合意成立について具体的な期限は設けていないと語り、EU離脱によって英国の域内へのアクセスが損なわれることは避けられないだろうと強調した。

  同委員は「英国が単一市場を離脱すると決めた時点で、金融サービス向けの単一市場が再び形成されることはなくなっている」と述べ、EU離脱に伴う現実が英国に「跳ね返ってきた」と語った。

  さらに、欧州委員会は英国企業に単一市場へのアクセスを認める前にまず、英・EU監督当局の協力に関する覚書を協議する可能性を示唆した。

原題:EU Warns City of London That Brexit Finance Deal Is Distant (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE