, コンテンツにスキップする

関東甲信で24日にかけ大雪となる所がある見込み、都心でも積雪の恐れ

気象庁は22日、前線や低気圧の影響で、23日から24日にかけて関東甲信で甲信を中心に大雪となる地域がある見込みだと発表した。関東南部の平野部でも雪が降り、都心でも積雪となる恐れがある。

  23日は日本の南に前線が停滞し、24日は前線上の低気圧が関東の南海上を発達しながら東へ進む。このため関東甲信では23日午後に雨が雪に変わる所があり、24日にかけて甲信を中心に大雪となる地域もある。気温が予想より低くなった場合には、関東南部の平野部でも大雪となる可能性がある。

  気象庁は大雪による交通障害や道路の凍結、電線・樹木への着雪、雪崩に注意・警戒を呼びかけている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE