, コンテンツにスキップする
Photographer: Spencer Platt/Getty Images
cojp

【今朝の5本】仕事始めに読んでおきたいニュース

  • ラガルド総裁が二番底の可能性示唆、ECB3月までに新指標模索へ
  • 為替操作に対処とイエレン氏、米新規失業保険申請、財務次官ポスト
People walk past the New York Stock Exchange (NYSE)
Photographer: Spencer Platt/Getty Images

S&P500種株価指数はまたも最高値を更新して引けました。終値は3853.07(米時間午後4時すぎ時点)。ブルームバーグがまとめたストラテジスト予想では、年末には4100近辺に達すると見込まれています。ただ、楽観論がかなり織り込まれていることから今後、一定の調整は避けられないとの見方も。以下は一日を始めるにあたって押さえておきたい5本のニュース。

二番底か

欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁は、ユーロ圏経済は2020年10-12月(第4四半期)に恐らく縮小したと語った。ユーロ圏がリセッション(景気後退)の二番底に向かっていることを意味する。金融政策決定後の記者会見での発言。より深い議論は最新の経済予測が準備され、危機の展開がより明瞭になる3月に行われる見込みだとも述べた。政策委員会は金融緩和措置の現状維持を決めた。

3月までに新指標

そのECBの当局者は、ユーロ圏の金融環境を測る新たな指標を考案するようスタッフらに求めた。コロナ禍で打撃を受けた域内経済に必要な金融緩和の規模を今後決定する際、参考とされる可能性がある。ECBの金融政策委員会は3月の会合に合わせて新たな指標を提案する課題を担ったと、協議に詳しい関係者が明らかにした。ECBの過去最低の金利や資産購入措置が信用環境にどれだけ影響しているかを示す新たな方法を一部の当局者は求めているという。

為替操作に対処

次期米財務長官に指名されたジャネット・イエレン氏は議員らに対し、バイデン大統領と共に各国の為替操作をやめさせるよう取り組んでいくと表明した。前日の上院財政委員会の指名承認公聴会を受け、議員から提出された補足質問に書面で回答。この中で「通商上の不公正な優位を得るための人為的な為替操作に対しては、バイデン大統領は反対の意思を明確にしている。この意向を支持しており、承認を受ければ、いかなる為替操作に対しても政権内で協力して反対していく」と表明した。

高止まり続く

先週の米新規失業保険申請件数は前週比2万6000件減の90万件と、なお高水準にとどまった。市場予想は93万5000件だった。インディードのエコノミスト、アンエリザベス・コンケル氏は「労働市場への深刻なダメージを止める上で、ワクチンの広範な普及が鍵だ」と指摘。「安全だと再び認識されるまでホスピタリティーや観光などの産業は回復できない」と述べた。

かつての部下

バイデン米大統領は、連邦準備制度理事会(FRB)に長年勤務し金融規制の専門家であるネリー・リャン氏に国内金融担当の財務次官ポストを打診した。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。リャン氏は、次期財務長官に指名されているイエレン氏のFRB議長時代に同氏の下で働いたことがある。国内金融担当の財務次官は米金融システムの安定を監督するだけでなく、21兆ドル(約2170兆円)規模の米国債市場の管理も担う。これには国債発行戦略も含まれる。新型コロナ対策で支出が過去最大に膨らむ中、国債発行は急増している。

その他の注目ニュース

英EU離脱完了でデリバティブ取引はNYに流出、欧州を回避-IHS

イーライリリーのコロナ抗体薬、高齢者施設試験で発症リスク大幅抑制

ビットコインが下げ加速、3万1000ドル台-約3週間ぶり安値に近づく

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE