, コンテンツにスキップする

ファイザー、米連邦政府が承認すれば州へのワクチン直接販売いとわず

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

ファイザーは新型コロナウイルス感染症(COVID19)ワクチンの在庫を増やそうとしている州に、直接販売することに同社としては問題がないが、そのためには連邦政府の承認が必要だとの見方を示した。

  ファイザー広報担当のイーモン・ノーラン氏は21日、「できるだけ早く、できるだけ多くの米国民がワクチン接種を受けられるようにする配布モデル」連邦政府と連携したいとブルームバーグ・ニュースへの電子メールで述べた。

  米連邦政府は1億人分のワクチンをファイザーから購入し、国内各地に振り分けているが、州・地方政府からは現行の配布ペースは遅すぎるとの苦情が出ている。

  ミシガンやニューヨークなど一部の州は、連邦政府からのワクチン供給を補うため、ファイザーからの直接購入を検討すると発表している。

  米厚生省にコメントを要請したが回答はない。

原題:Pfizer Says It’s Willing to Sell Covid Vaccine to States (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE