, コンテンツにスキップする

米アップル、VRヘッドセットをARグラスよりも先行へ-関係者

米アップルは同社の新たな主力製品カテゴリーとして、より野心的だが開発に一段と時間がかかる拡張現実(AR)グラスよりも、高性能の仮想現実(VR)ヘッドセットを先行させる計画だ。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  ニッチで高価な製品となる見込みのVRヘッドセットの開発は幾つかのハードルに直面している。アップルは販売見通しについても控えめに予想しており、まだ初期段階にあるこの消費者向け技術の大衆化の難しさを浮き彫りにしている。

  VRに焦点を当てたヘッドセットのディスプレーはゲームや動画視聴、通信向けに包括的な3次元デジタル環境を実現。AR機能は限定的になる。

  関係者によれば、アップルは早ければ2022年の発売を目指している。フェイスブックの「オキュラス」、ソニーの「プレイステーションVR」、台湾の宏達国際電子(HTC)のヘッドセットと競合することになる。計画が非公表だとして、関係者は匿名で語った。

  「N301」というコードネームのヘッドセットは後期の試作段階にあるがまだ完成しておらず、アップルは発売の前に計画を変更するか、完全に撤回する可能性もあるという。

  アップルの広報担当はコメントを控えた。

Virtual Market

<br>

原題:
Apple Plans High-End VR-Focused Headset as Prelude to AR Glasses(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE