, コンテンツにスキップする

ファウチ氏、米国のCOVAX参加を表明-WHOとの関係修復目指す

  • 米国は今後もWHO加盟国であり続け、財政上の義務も果たす意向
  • トランプ前政権はCOVAXへの参加を拒否した

米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)のアンソニー・ファウチ所長は21日、新型コロナウイルスワクチンを供給する世界保健機関(WHO)主導の枠組み「COVAX(コバックス)」に米国が参加する意向を明らかにした。

  米国のCOVAX参加表明は、バイデン新政権が新型コロナ危機との闘いで重要な役割を果たすWHOとの関係修復に向け、最初の一歩となる。

  ファウチ氏は21日、ビデオリンクを通じてWHOに対し「米国は今後もWHOの加盟国であり続けると表明する」と述べ、「米国はWHOに対する財政上の義務も果たす意向だ」と続けた。

「米国は今後もWHOの加盟国であり続けると表明する」と語ったファウチ氏

Source: Bloomberg)

  トランプ前大統領は、中国に甘く新型コロナに関する正確な情報を提供しなかったとしてWTOをたびたび批判、WTO脱退を決定しCOVAXへの参加も拒否したが、バイデン新大統領は就任初日にこの脱退を撤回した。

原題:Fauci Says U.S. to Join Covax in Re-Engagement With WHO(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE