, コンテンツにスキップする

インドネシア中銀が金利据え置き、2カ月連続-大方の予想通り

  • 7日物リバースレポ金利を3.75%に維持-29人中28人が据え置き予想
  • 今年の経済成長率は4.8-5.8%となる見通し-中銀総裁

インドネシア銀行(中央銀行)は21日、2カ月連続で政策金利を据え置いた。昨年は新型コロナウイルス禍を乗り切るため、計5回利下げしていた。

  中銀は7日物リバースレポ金利を3.75%に維持。ブルームバーグのエコノミスト調査では29人中28人が据え置きを予想、残りの1人が0.25ポイント利下げを見込んでいた。

Rates on hold as currency wobbles and inflation ticks up

  ペリー・ワルジヨ総裁はこの日、インフレ率が目標の2-4%のレンジ内にとどまり、今年の経済成長率は4.8-5.8%になるとの見通しを示した。中銀は緩和的なマクロプルーデンス政策を続けるとも話した。

原題:Indonesia Holds Rates at Record Low as Covid Curbs Extended(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE