, コンテンツにスキップする

LME銅が上昇、ドル下落で-全ての主要金属が値上がり

20日のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は上昇。低金利が続く兆候の中でドルが下落し、バイデン米大統領の就任初日にインフレ期待が高まっている。

  ブルームバーグ・ドル・スポット指数は3日続落し、ドル建ての商品の価格を支えた。

Gold gains on dollar weakness after Yellen

  次期米財務長官に指名されたジャネット・イエレン氏の19日の証言がドル下落の鍵になったほか、金や非鉄金属の価格を押し上げたと、コメルツ銀行のアナリスト、カルシュテン・フリッチ氏とダニエル・ブリーゼマン氏が指摘。リスク選好が強まる兆しも銅相場のさらなる支援材料になったという。

  LMEの銅相場は前日比1.1%高の1トン=8044.50ドルで終了。全ての主要な非鉄金属が値上がりした。

原題:
Gold and Copper Climb as Dollar Weakens With Eyes on Inflation(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE