, コンテンツにスキップする

イタリア議会、コロナ対策約4兆円補正予算を承認-少数政権信任受け

  • コロナ対策と制限で打撃を被る企業支援のための資金調達が可能に
  • コンテ内閣は18日の下院に続き、19日には上院でも信任された

イタリア上下両院は20日、コンテ政権が提出した総額320億ユーロ(約4兆円)の補正予算案を承認した。レンツィ元首相率いる小政党「イタリア・ビバ」の連立離脱に伴い、上院で過半数を割り込む少数与党の政権となったが、補正予算への議会の支持を取り付けた。

  政府の求めに応じ、議会が財政赤字拡大を容認したことで、新型コロナウイルス対策と、制限措置で打撃を被る企業の支援のための新たな資金調達が可能になる。

  イタリア・ビバの連立離脱を受けて実施された信任投票の結果、コンテ内閣は18日の下院に続き、19日には上院でも信任された。だが上院(定数321)の与党勢力は絶対多数の161を割り込んでおり、信任票もこれを下回った。

原題:Italian Lawmakers Approve $39 Billions of Extra Deficit Spending(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE