, コンテンツにスキップする

トランプ氏が空軍基地で別れのあいさつ-バイデン氏にメモ残す

  • ホワイトハウスは離任式の出席者を見つけるのが難しかった
  • トランプ氏はホワイトハウス去る前にバイデン氏と会話せず-関係者

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

ドナルド・トランプ氏は20日、大統領として最後にホワイトハウスを後にした。ジョー・バイデン氏の大統領就任式には出席せず、軍隊形式の見送りを受けて新居となるフロリダ州に向かった。

  首都ワシントン近郊のアンドルーズ空軍基地で、今回で最後となる大統領専用機搭乗前に、「私はあなた方のために常に闘う。私は目で見て、耳を傾ける。この国の将来はかつてないほど良くなったと私は語るだろう」とした上で、「新政権の幸運と成功を祈る」と語った。

  トランプ氏は発言の中でバイデン氏に触れなかった。現職の大統領が次期大統領の就任式に出席しないのは19世紀以来となる。トランプ氏はホワイトハウスを去る前にバイデン氏と話さなかったがメモは残したと、事情に詳しい複数の関係者は語った。  

  トランプ氏はこの日の朝、寒く風が吹く中で駐機場で家族に迎えられた。祝砲や行進曲「大統領に敬礼を」が演奏された後に演説した。一部の最側近が出席したが、議会の共和党重鎮や一部閣僚、ペンス副大統領は出席しなかった。

  トランプ氏は約10分間演説し、大統領専用機に乗り込む前に聴衆に対し「良き人生を。またすぐ会おう」と呼び掛けた。

  複数の側近やメラニア夫人ら家族と共に出発し、フロリダ州に午前11時(日本時間21日午前1時)前に到着した。

  ホワイトハウスは離任式の出席者を見つけるのが難しかった。事情に詳しい複数の関係者によると、共和党のマコネル上院院内総務やマッカーシー下院院内総務らが出席を辞退した。

President Trump Departs White House Ahead Of Inauguration Ceremonies

ホワイトハウスを去るドナルド・トランプ氏とメラニア夫人(1月20日)

写真家:アルドラゴ/ブルームバーグ

原題:
Trump Says Farewell at Airbase Send-Off, Leaves a Note for Biden(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE