, コンテンツにスキップする

米コロナ死者数、2月には週間ベースで減少に転じるとの予測

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

米国の新型コロナウイルス感染症による死者数は、約1カ月後に週間ベースで減少に転じる見通しだ。

  米マサチューセッツ大学のライヒ・ラボが明らかにした最新予測によれば、2月第3週の死者数は約2万2510人と微減が予想されている。パンデミック(世界的大流行)が始まってから最もきつい勾配を描いていた死亡数曲線の低下を反映することになる。

  同ラボの予測は米疾病対策センター(CDC)との協力でまとめられたモデルに基づいている。

Deaths Slow

Average daily Covid deaths drop, while the weekly sum is forecast to dip

Source: Covid Tracking Project

  米国では19日に累計のコロナ死者数が40万人を突破したが、COVIDトラッキング・プロジェクトのデータによれば、感染件数と入院者数、死者数の週間平均はいずれも同日時点で下降傾向にあった。感染件数の平均が前の週から増加したのは3州にとどまった。

原題:
Covid Death Rate in U.S. Expected to Dip Further in Next Month(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE