, コンテンツにスキップする

【新型コロナ】米がWHOに歩み寄り、NY市はワクチン接種延期

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

20日に宣誓就任したバイデン米大統領は、直ちに世界保健機関(WHO)との関係改善に乗り出す方針で、今週開催されるWHO執行理事会の会合に米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)のアンソニー・ファウチ所長を派遣する。

バイデン次期米政権、WHOとの関係改善に向けファウチ氏派遣へ

  英国では新型コロナウイルス感染症(COVID19)による死者数が1日で1820人と、パンデミック(世界的大流行)となってからの最多を記録した。スナク英財務相は雇用支援措置を数カ月間延長する計画をまとめていると、関係者らが明らかにした。

スナク英財務相、コロナ禍の雇用支援延長を計画-関係者

  スペインは1日の感染者数を過去最多の1万8500人と報告。前日は1万5578人。クリスマス休暇期間に一部地域で制限が一部緩和されたことが背景にある。

  ニューヨーク市はワクチン在庫不足のため、接種予約2万3000件の日程を変更すると、デブラシオ市長が明らかにした。19日に届く予定だったワクチン10万3000回分の搬入が数日遅れると、米モデルナおよび搬送業者から連絡があったとしている。モデルナはこれまでのところコメント要請に応じていない。

  米ジョンズ・ホプキンズ大学とブルームバーグの集計データによると、世界の感染者数は9650万人を超え、死者数は206万人を上回った。

covid-vaccine-tracker-global-distribution-world-vaccination-inline

  北京市の大興地区で17日に確認された感染症例のうち、2例は英国で最初に見つかった変異種だったと、市疾病管理当局者が会見で明らかにした。市は感染拡大を防ぐため大興地区の封鎖に踏み切っている。

  米ファイザーと独ビオンテックが開発したワクチンは英国で発見された変異種にも効果があるとみられる。20日公開された試験結果によると、接種後の血液から検出された抗体は、研究所で作られた変異種の1種類を中和することができた。

ファイザー製ワクチン、新たな研究でも変異種に効果がある可能性示す

  一方、南アフリカ共和国で発見された変異種には、ワクチンや新種の治療法が効かないという懸念が生じている。既に感染した患者の血液から検出した抗体を使い、科学者らが検査したところ、サンプルの半分で変異したウイルスを中和する働きが全く見られず、再感染から守られない可能性が示唆された。

  ドイツの死者数は20日朝までの24時間で1734人と過去最多を更新。メルケル首相は厳しい制限措置を延長するとともに、国境管理を強化する可能性も警告している。

原題:Spain Reports Record New Cases; U.S. to Rejoin WHO: Virus Update(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE