, コンテンツにスキップする
Photographer: Andrey Rudakov/Bloomberg
cojp

ビットコイン大幅安、3万4000ドルを下回る-上昇失速で買い控え

Illuminated racks of application-specific integrated circuit (ASIC) mining devices and power units at the BitCluster cryptocurrency mining farm in Norilsk, Russia, on Sunday, Dec. 20, 2020. Norilsk may soon be famous for a different type of mining — it now hosts the Arctic's first crypto farm for producing new Bitcoins.
Photographer: Andrey Rudakov/Bloomberg

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

暗号資産(仮想通貨)で市場規模が最大のビットコインに対し、投資熱が冷め始めている。市場がバブルだとの懸念から、投資家が買いを控えている。

  20日の取引では一時8.4%安となり、3万4000ドルを割り込んだ。ビットコイン価格は1月初めに過去最高値を付けて以来、変動幅が大きくなり、上昇が行き過ぎだったとの見方が増えている。

  ビットコインが投資家から新たな資金を集めるためには、4万ドルの水準を上回る必要があると、アナリストらは指摘する。上昇が失速し短期筋の資金が流出すれば、最近の上げははかないものだったということになり得るとみる。

Bitcoin could be heading back below its 50-day moving average

  「多くの仮想通貨トレーダーは、ビットコインが短期間で4万1500ドルを付けることができなければ再び急落する恐れがあるとして、別の仮想通貨にも資金を振り向けている」と、オアンダのシニアマーケットアナリスト、エドワード・モヤ氏は述べた。

原題:
Bitcoin Slides Below $35,000 as Crypto Mania Loses Momentum(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE