, コンテンツにスキップする

香港株上昇、ハンセン指数3万ポイントに迫る-年初は36年ぶり好発進

  • ハンセン指数、前日比1.1%高の29962.47で終了
  • アリババグループが一時11%高と急伸-終値は8.5%高

20日の香港株式相場は上昇。ハンセン指数が3万ポイントに迫り、1985年以来最良の年初スタートとなっている。

  ハンセン指数は前日比1.1%高の29962.47で終了。取引時間中には、2019年5月以来となる3万ポイントまであと6.5ポイントに迫る場面もあった。

  アリババグループが一時11%高と急伸し、同指数を押し上げた。共同創業者の馬雲(ジャック・マー)氏が数カ月ぶりに公の場に姿を見せた。アリババ株の終値は8.5%高。

  香港上場の中国本土銘柄から成るハンセン中国企業株(H株)指数は1.8%高で引けた。

  株価水準がより魅力的な香港上場株に対して本土投資家からの資金流入が続き、19日の買い越しは34億米ドル(約3530億円)と過去最高に上っていた。

Hang Seng Index nears 30,000 level for the first time since May 2019

原題:Hang Seng Hovers Near 30,000 in Best Start to Year Since 1985(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE