, コンテンツにスキップする

英中銀ホールデン氏、経済は急拡大へ-完全回復前に雇用支援終了可能

イングランド銀行(英中央銀行)の金融政策委員会(MPC)メンバーでチーフエコノミストのアンディー・ホールデン氏は、英国経済の回復が完全になる前に政府は一時帰休労働者に対する賃金支払い補助プログラムを終了できる余裕が持てるとの見方を示した。

  MPCメンバーの中でも楽観的な見方を最も公然と示してきたホールデン氏によれば、英経済は今年4-6月(第2四半期)までに十分拡大し、新型コロナウイルス危機で失業した100万人の労働者を吸収できる可能性がある。

  ホールデン氏は19日、ウェビナーで講演し、「恐らく第2四半期から景気回復は急速なペースで流れに乗り出すと予想しており、その回復があれば職を失った100万人を吸収し、再雇用する見通しが改善するだろう」と述べ、「最終的にはタイミングが問題だ。つまり雇用喪失を防げるほど景気が十分に回復し、一時帰休の労働者支援策を終了するタイミングだ」と続けた。

原題:BOE’s Haldane Says U.K. Can End Furlough Before Rebound Complete(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE